スジブダイ
管理No
ac102-014
和名
スジブダイ
学名
Scarus rivulatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ブダイ科/アオブダイ属
大きさ
全長40cm
分布
高知県、琉球列島。〜西太平洋。
生息域
珊瑚礁域
解説
○頭部はまるく、尾鰭は截形。雄型の体色は緑色で、頬部に橙色斑があり、吻部に緑色の網目模様がある。雌型の体色は褐色か淡色で、目立った斑紋はなく、オウムブダイや、ダイダイブダイの雌型との見分けは難しい。

スジブダイ(雄型)  35cm  -8m
2008/05/09  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

屋久島の浅場でスジブダイの立派な成魚がすいすい泳いでました。透明度も良く、遠目から100mmでも何とか撮影できました。結構色鮮やかなんですけど、ブダイってあんま人気ないですね。

スジブダイ(雄型)  30cm  -5m
2008/05/09  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

浅場の根の上でとっても派手なスジブダイが元気に泳いでいました。前から撮影したところ、ちょうど胸鰭を振り上げてて、まるで待ち合わせの友達にでも会ったような感じで撮れました。「よっ、待った」って感じですかね。

スジブダイ(雌型)  25cm  -10m
2006/07/30  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ブダイの特に雌型は非常に見分けが難しいです。これも見た目だけでは良くわからず、オウム、ダイダイ、スジブダイのどれかだと思われ、瀬能先生に聞いてみたところスジブダイだそうです。ほんと難しいです。



2006/07/30
沖縄本島

2008/05/09
沖縄本島

2008/05/09
沖縄本島

2009/08/02
石垣島

2014/09/24
屋久島

 

inserted by FC2 system