ニシキブダイ
管理No
ac102-020
和名
ニシキブダイ
学名
Scarus dimidiatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ブダイ科/アオブダイ属
大きさ
全長50cm
分布
八丈島、琉球列島;〜東部インド・西太平洋
生息域
珊瑚礁域
解説
○体高がやや高く、頭部は特に雄型では丸みを帯びる。雄型の尾鰭上・下葉は伸びる。雄型は眼前方に青緑色域があり、眼周辺より後方の頭部は黄色。腹鰭・臀鰭は青緑色で黄色帯があり、尾鰭にも鮮やかな橙色帯がある。雌型の色彩は茶褐色で、体側後半に小白色斑が多数ある。

ニシキブダイ(♂)  50cm  -15m
2014/06/22  石垣島 御神崎 灯台下
Canon EOS 7D 100mm

ニシキブダイの立派な成魚がクリーニングされてました。普段あんま近寄れないような魚でも、クリーニング中は寄れるチャンスです。それにしても見事な成魚でした。

ニシキブダイ(yg)  2.5cm  -10m
2012/08/05  八丈島 底土
Canon EOS 7D 100mm

台風のうねりが残る底土でブダイ系のチビがわんさか見れました。これはニシキブダイのチビちゃんで、そこらじゅうに沢山居ました。かなり地味な奴ですね。成魚も見た記憶がありません。

ニシキブダイ(yg)  5cm  -8m
2010/11/03  高知県 柏島 レッドロック
Canon EOS 7D 100mm

見慣れぬブダイの幼魚が居たので撮影しておきました。上がって聞いてみたらニシキブダイの幼魚で、柏島では普通に見れるそうです。全体的には地味ですが、背鰭の柄が水中だと結構目立ちます。



2010/11/03
柏島

2010/11/03
柏島

2012/08/05
八丈島

2012/08/05
八丈島

2012/12/22
石垣島

2014/06/22
石垣島

 

inserted by FC2 system