シロオビブダイ
管理No
ac102-024
和名
シロオビブダイ
学名
Scarus spinus
分類
条鰭綱/スズキ目/ブダイ科/アオブダイ属
大きさ
全長25cm
分布
沖縄県;〜西太平洋、マーシャル諸島、サモア諸島、オーストラリア北西岸
生息域
珊瑚礁の浅所
解説
○雄型と雌型で色彩は大きく異なる。雄型は鮮やかな緑色で、眼後方から胸鰭周辺までの間に大黄色斑がある。雌型は茶褐色の色彩で、同属他種と混同されている。頭部は丸みを帯びる。上顎歯板は上部の2分の1以上が唇でおおわれる。

シロオビブダイ(♂)  20cm  -12m
2014/06/25  竹富島 三ツ石
Canon EOS 7D 100mm

石垣島でシロオビブダイに初遭遇です。といってもブダイはあんま詳しくないので、見たことあってもスルーしていただけかも。何というか特徴らしい特徴が無くて、判別難しいです。



2014/06/25
石垣島

 

inserted by FC2 system