キマダラハゼ
管理No
ac103-001
和名
キマダラハゼ
学名
Astrabe flavimaculata
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/シロクラハゼ属
大きさ
全長5cm
分布
伊豆大島、相模湾、伊豆半島、鹿児島馬毛島、種子島(日本固有種)
生息域
岩礁性海岸の潮間帯下部
解説
○眼上皮弁の後端が突出せず、体の斑紋が淡黄色で、項部の横帯の幅が狭い。第2背鰭起部の横帯は腹中線に達しない。

キマダラハゼ  4cm  -3m
2012/01/29  東伊豆 伊豆海洋公園 3の根
Canon EOS 7D 100mm

小さい岩とかの隙間にいて、石ころをひっくり返していたりするとたまに見つかるのだが、カメラを向ける前に逃げられてしまうので、まず撮影に成功しないお魚である。この時はガイドさんが見つけてくれて、囲んで超粘って撮影できました。大うねりで体を固定することができず、じっくり撮れなかったのが残念ですが、良い角度から撮れました。潜り初めで、えーもん見れました。



2004/02/01
伊豆大島

2009/03/07
伊豆大島

2009/03/07
伊豆大島

2012/01/29
伊豆海洋公園

2012/01/29
伊豆海洋公園

2012/01/29
伊豆海洋公園

 

inserted by FC2 system