オトメハゼ
管理No
ac103-008
和名
オトメハゼ
学名
Valenciennea puellaris
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/クロイトハゼ属
大きさ
全長20cm
分布
小笠原諸島、相模湾、伊豆半島、紀伊半島、高知県、愛媛県、琉球列島;インド・太平洋
生息域
河川の河口、内湾、珊瑚礁域の礁池、礁湖、礁原。水深1-35mの死珊瑚混じりの砂泥底や砂底。
解説
○幼魚は体側に黄色斑が多数あり、成魚は体側腹の斑点が1黄色縦線を形成する。頭の水玉斑は円形か楕円形である。

オトメハゼ(yg)  3cm  -6m
2011/10/01  セブ マクタン島 ストローハット
Canon EOS 7D 100mm

オトメハゼのチビちゃんが居ました。伊豆でも定番のハゼですが、そーいえばチビは見た記憶がありません。もーちょっとちゃんと撮っておけば良かった。

オトメハゼ  8cm  -10m
2008/10/19  西伊豆 雲見 牛着岩
Canon EOS KissDigitalN 100mm

中ぐらいのサイズのオトメハゼを見つけたのですが、最初見たときは着底して背鰭も寝かせてました。が、一回りしてまた見てみると、お食事のためか微妙にホバリングして背鰭全開&口も全開でした。目の前で何回か飛んでくれたので、粘って良いタイミングで撮れました。私のテーマの背鰭全開、大口、ホバリング全て備えた納得の1枚です。

オトメハゼ  4〜10cm  -18m
2008/07/30  石垣島 米原キャンプ場前 オアシス
Canon EOS KissDigitalN 100mm

オトメハゼはよくペアで出ているのを見かけるのですが、今回は群れ?で見れました。ここだけで6個体が集まっていますね。全部親兄弟なんでしょうかね??こんなのはじめて見ました。

オトメハゼ(yg)  4cm  -10m
2007/07/31  奄美大島 倉崎ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

オトメハゼは今までにも何回も見たことがあったんですが、いつも成魚の大きい個体ばっかで、チビちゃんに会うのはこれが初めてでした。季節的なもんもあるのかもしれませんが、今回は大きいのは見られず、小さい奴ばっか遭遇してました。。

オトメハゼ(ペア)  10cm  -15m
2005/11/17  屋久島 一湊タンク下
Canon Power Shot S45

熱帯に来ると普通に見られるお魚ですが、温帯でもたまに見られます。見てのとおり砂地で仲良くペアでいるところをよく見かけます。寄ってもあまり逃げない豪胆な奴らです。♂と♀なんでしょうが見た目に全然違いがないので、性別は不明です。



2003/10/31
西表島

2004/05/06
セブ島 マクタン

2004/07/28
西表島

2004/09/26
伊豆大島

2003/11/01
屋久島

2007/07/31
奄美大島

2007/07/31
奄美大島

2007/10/13
大瀬崎

2007/10/21
柏島

2008/05/09
沖縄本島

2008/07/30
石垣島

2008/10/03
伊豆大島

2008/10/05
伊豆大島

2008/10/12
伊豆海洋公園

2008/10/19
雲見

2008/10/19
雲見

2009/08/05
西表島

2011/10/01
セブ島 マクタン

2011/10/01
セブ島 マクタン

2011/12/06
バリ島

 

inserted by FC2 system