アオギハゼ
管理No
ac103-014
和名
アオギハゼ
学名
Trimma tevegae
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/ベニハゼ属
大きさ
全長4cm
分布
八丈島、紀伊半島、高知県、琉球列島;台湾
生息域
水深6〜55m。内湾、サンゴ礁域の礁斜面、ドロップオフ
解説
○第1背鰭第2棘が糸状に著しく伸長する。眼後縁から体背側を1青色縦帯が走る。尾鰭基底に黒色斑がある。

アオギハゼ  3cm  -8m
2011/09/30  セブ マクタン島 アズスポイント
Canon EOS 7D 100mm

セブでは定番のアオギハゼです。日本で見るタイプは全体的に黄色ってイメージですが、こっちのは橙色なので、ぱっと見違う種に見えたりします。

アオギハゼ  3cm  -8m
2008/02/10  沖縄本島 ゴリラチョップ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

沖縄などの南国に来ると普通に見れるお魚で、洞窟や岩の裂け目などの暗い所にやったら沢山群れています。オヨギベニハゼなんかと一緒に群れてたりもします。暗い所にいるので中々気づかないのですが、光を当てると鮮やかな色合いで、かなりお気に入りの被写体です。糸のように伸びた背鰭と、紫のラインが入った尾鰭がとても美しいです。



2004/07/26
西表島

2005/06/11
沖縄本島

2005/11/21
屋久島

2006/05/03
沖縄本島

2006/08/03
沖縄本島

2007/07/31
奄美大島

2008/02/10
沖縄本島

2008/05/06
沖縄本島

2008/08/01
石垣島

2008/08/01
石垣島

2011/05/01
八丈島

2011/09/24
セブ島 マクタン

2011/09/27
セブ島 マクタン

2011/09/30
セブ島 マクタン

2012/12/21
石垣島

2012/12/22
石垣島

2014/06/24
石垣島

 

inserted by FC2 system