セアカコバンハゼ
管理No
ac103-033
和名
セアカコバンハゼ
学名
Gobiodon atrangulatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/コバンハゼ属
大きさ
分布
生息域
解説
○表の粘液中にグラミスチンに似た毒を持つ。この毒は魚毒で、他の魚を殺したりする。

セアカコバンハゼとアイコバンハゼ  3cm  -5m
2012/09/05  柏島 柏島 ラスベガス
Canon EOS 7D 100mm

アイコバンハゼが抱卵していたのだが、同じ珊瑚にはアイコバンハゼが一匹だけで、お相手らしき同種の別個体は居ない。居るのは同属のセアカコバンハゼのみ。で、よく見るとこの2種色は違えど顔の模様とか良く似ています。ひょっとして、別種の交接による産卵だとか、実は別種じゃなくて同種の♂♀なんではとか、ただ単にもう1匹はどっか行っちゃっただけとか・・・。みなで写真を見ながら、色々と憶測はしたのですが、謎は深まるばかりです。

セアカコバンハゼ  2.5cm  -5m
2012/09/04  柏島 柏島 ラスベガス
Canon EOS 7D 100mm

浅瀬の珊瑚の中にそこそこのサイズのセアカコバンハゼが見られました。ちょろちょろ動き回り、なかなか良い所に来てくれないのだが、何とか全身写真が撮れました。特徴の背中の赤点がびっしり並んでます。

セアカコバンハゼ(yg)  1.5cm  -5m
2007/10/18  高知県 柏島 後浜No1
Canon EOS KissDigitalN 100mm

以前にも何度か見たこと会ったのですが、珊瑚の隙間に隠れてまともに撮れたことありませんでした。が、今回はかなりのおチビで、珊瑚の隙間からでもじゅうぶん全身が見える位置に居てくれました。しかも、じっとしてていてくれるもんだから、撮り放題でした。
まだまだ小さな個体で、名前の由来となるど派手な赤点は見えないですね。

セアカコバンハゼ  2cm  -2m
2006/08/04  沖縄本島 ホーシュー
Canon EOS KissDigitalN 100mm

枝珊瑚の中で何やら黄緑色の体に赤点のど派手な奴がうごめいていました。久々のアカテンコバンハゼだー、と思って撮影していたのですが、よくよく調べてみるとセアカコバンハゼのようです。それにしてもコバンハゼ系はまともに撮れたことがないですね。



2006/08/04
沖縄本島

2007/10/18
柏島

2007/10/18
柏島

2008/03/28
八丈島

2008/03/28
八丈島

2010/11/04
柏島

2010/11/04
柏島

2012/09/03
柏島

2012/09/03
柏島

2012/09/04
柏島

2012/09/04
柏島

2012/09/05
柏島

2012/09/05
柏島

2012/09/06
柏島

 

inserted by FC2 system