クモハゼ
管理No
ac103-054
和名
クモハゼ
学名
Bathygobius fuscus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/クモハゼ属
大きさ
分布
若狭湾・千葉県〜与那国島。朝鮮半島、中国、台湾。インド洋、大平洋、紅海。
生息域
磯の潮溜まりや内湾浅所、珊瑚礁の潮間帯。河口の転石下。
解説
○第1背鰭の外縁に黄色か明色の帯があり、その下に暗色帯がある。胸鰭上部に遊離軟条があり、体側に暗色の縦列斑がある。
○潮溜まりや転石帯にふつうに見られ、河口の転石下にも見られ水温や塩分変化に強い。

クモハゼ  5cm  -5m
2005/12/27  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

デジ一初出陣の練習中に、見慣れぬハゼを見かけたので撮っておきました。見てのとおりかなり地味で特徴があまり無いのですが、どうやら背鰭からするとクモハゼのようです。浅場で探すと沢山居るみたいです。



2005/12/27
大瀬崎

2007/02/03
大瀬崎

2007/02/03
大瀬崎

2007/12/09
大瀬崎

2009/01/11
大瀬崎

2009/04/18
大瀬崎

2009/09/23
明鐘

 

inserted by FC2 system