オニハゼ
管理No
ac103-056
和名
オニハゼ
学名
Tomiyamichthys oni
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/オニハゼ属
大きさ
全長11cm
分布
静岡県〜琉球列島,小笠原諸島父島,西部太平洋。
生息域
岩礁域に隣接する砂底から砂泥底、サンゴ礁外縁部の砂底。
解説
○テッポウエビ類と共生する。

オニハゼ(+ダテハゼ)  6cm  -15m
2010/11/04  高知県 柏島 後浜No2.5
Canon EOS 7D 100mm

定番のオニハゼがペアで出てると思ったら、後ろにいる奴はダテハゼでした。同じ穴に別種の奴が入っているのは珍しいですね。

オニハゼ(yg)  1.5cm  -18m
2009/12/06  東伊豆 川奈 ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

川奈ビーチ奥の砂泥地はハゼ地帯で、今回も泥ハゼわんさかでした。特に小さいのが多く、そこら中でオニ、クサ、イトヒキあたりのチビが見れました。でも警戒心が強くてなかなか寄れなかったりするんですが。この子は今まで見た中でも最小サイズで約1.5cmくらいの激チビちゃん。でも立派なお姿ですね。

オニハゼ(yg)  3cm  -10m
2009/10/25  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 100mm

大瀬では定番で砂地でよく見かけるのですが、今回はチビちゃんが見れました。たまに小さいのは見れるのですが、とっても臆病でなかなか寄れません。今回は結構寄れて、背鰭もそこそこ立ててて良い感じでした。

オニハゼ  8cm  -20m
2004/06/12  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

伊豆ではそれほど珍しいわけではないが、沢山見れるというわけではないです。見てのとおり結構地味な奴なんですが、背鰭が格好良くて、見れるとついカメラを向けてしまうのですが、意外と敏感な奴で慎重に近づかないと、すぐに引っ込まれます。



2004/06/12
伊豆大島

2004/08/28
安良里

2004/09/19
川奈

2005/07/10
大瀬崎

2007/08/01
奄美大島

2007/08/12
富戸

2007/08/12
富戸

2007/08/25
富戸

2008/01/04
富戸

2008/10/04
伊豆大島

2008/10/04
伊豆大島

2008/10/25
川奈

2008/11/01
西表島

2008/11/01
西表島

2009/06/21
大瀬崎

2009/06/28
伊豆大島

2009/07/05
大瀬崎

2009/08/23
富戸

2009/10/25
大瀬崎

2009/10/25
大瀬崎

2009/12/06
川奈

2010/10/11
大瀬崎

2010/11/04
柏島

2010/12/19
大瀬崎

2011/02/27
大瀬崎

2011/10/23
大瀬崎

2011/11/19
大瀬崎

2013/06/20
西表島

 

inserted by FC2 system