ギンガハゼ
管理No
ac103-068
和名
ギンガハゼ
学名
Cryptocentrus cinctus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
大きさ
全長8.5cm
分布
八重山諸島,アンダマン海,中・西部太平洋。
生息域
内湾やサンゴ礁域浅所の砂泥底。
解説
○ベージュ色の体に2〜3本の茶色の横帯をもつものと、横帯がなく冴えた黄色の体色のものがいる。

ギンガハゼ(黄化個体)  6cm  -5m
2013/06/19  西表島
Canon EOS 7D 100mm

ここ西表島ではギンガハゼが沢山見られるポイントがいくつかあります。ギンガハゼは通常の褐色っぽいやつと、全身真黄色の黄化個体がいて、どちらの個体も沢山見れました。これは当然、黄化個体のほうなんですが、フタホシタカノハハゼの黄化個体とも良く似ていますね。

ギンガハゼ  7cm  -4m
2008/10/29  西表島 タコ崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

激浅の泥砂のポイントでギンガハゼが何個体か確認できました。こちらは通常の褐色っぽい色のタイプで2個体一緒に出てました。背鰭や頭に青っぽい白色点が散らばっていて、夜空の星々に見立てその名が付いたのでしょう。



2003/10/31
西表島

2003/10/31
西表島

2003/10/31
西表島

2004/07/25
西表島

2004/07/25
西表島

2008/10/29
西表島

2008/10/29
西表島

2008/10/29
西表島

2008/10/29
西表島

2013/06/15
石垣島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/25
石垣島

2013/06/25
石垣島

2013/06/28
石垣島

 

inserted by FC2 system