ボンボリイソハゼ
管理No
ac103-133
和名
ボンボリイソハゼ
学名
Eviota ancora
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/イソハゼ属
大きさ
全長2.5cm
分布
奄美大島、久米島、西表島;〜フィリピン
生息域
内湾の湾口から中程、サンゴ礁域の礁外縁
解説
○頭部眼後方や腹部に小さな白色斑がある。前鼻孔は暗色ではない、眼下に垂線がない、第1背鰭基底下に3つの暗色点がある。
○2011.4.8に和名、学名がつきました。[日本のハゼ]図鑑 イソハゼ属の1種-7

ボンボリイソハゼ  2cm  -6m
2007/07/31  奄美大島 倉崎ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

浅瀬の綺麗な砂地の上を、これまた白っぽくてあまり目立たない奴が動き回っていました。まだ和名の無い、ボンボリイソハゼのようで、特徴は腹部の2縦列の白色斑です。背鰭がちゃんと写ってないので、♂か♀かは不明です。



2007/07/31
奄美大島

2009/08/03
西表島

2013/06/23
石垣島

 

inserted by FC2 system