ヒトミハゼ
管理No
ac103-142
和名
ヒトミハゼ
学名
Psammogobius biocellatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/ヒトミハゼ属
大きさ
分布
高知県、宮崎県、鹿児島県、種子島、琉球列島。インド・太平洋域。
生息域
河川の河口から感潮域下部にかけての汽水域。
解説
○虹彩上部から眼中央に向かう突起がある。腹鰭、臀鰭後部、尾鰭下部に縞模様がある。眼の下に前方に向かう白色斜走線がある。

ヒトミハゼ  3cm  -2m
2007/07/30  奄美大島 インコポイント
Canon EOS KissDigitalN 60mm

河口の汽水域に生息するとっても地味なヒトミハゼです。泥底に微妙に潜っているところを発見し、逃げないのでかなり寄れるのだが、この見てくれだとどうやっても綺麗に撮れないのであった。泥かぶってますが、特徴の眼の下の白色斜線が見えます。



2007/08/02
奄美大島

 

inserted by FC2 system