ヒメオニハゼ
管理No
ac103-151
和名
ヒメオニハゼ
学名
Tomiyamichthys alleni
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/オニハゼ属
大きさ
分布
生息域
解説

ヒメオニハゼ(共生)  7cm  -13m
2007/08/01  奄美大島 倉崎ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

最初にこのペアを見つけた時は♂はすぐ引っ込んでしまったのですが、帰りにまた寄ってみたら、またペアで出てて、今度は♂も♀も共生中のコトブキテッポウエビも撮影できました。♂は♀に比べて背鰭の棘が長いので区別可能ですが、ぱっと見だと判らないです。ちなみに手前が♂で、奥が♀です。やはり♂のほうがちょっと臆病のようで、あと1歩近寄ったら引っ込まれました。まあ、これだけ撮れれば充分でしょう。

ヒメオニハゼ  7cm  -13m
2007/08/01  奄美大島 倉崎ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

前日まではあれだけ探索して見つからなかったのですが、今シーズン初登場らしいヒメオニハゼです。しかもこんな浅い所で見れるなんて感激。最初、ペアで見れていたのですが、♂のほうは臆病ですぐ引っ込まれてしまいました。で、残った♀は度胸満点でかなり寄れ、かなりじっくり撮影できました
。♂と♀の差は背鰭の棘の長さで、♀はあまり長く伸びていません。良く見ると、お腹もちょっと膨れているような気がします。



2007/08/01
奄美大島

2007/08/01
奄美大島

2007/08/01
奄美大島

2007/08/01
奄美大島

2007/08/01
奄美大島

2007/08/02
奄美大島

2007/10/21
柏島

2011/09/30
セブ島 マクタン

 

inserted by FC2 system