ノボリハゼ
管理No
ac103-163
和名
ノボリハゼ
学名
Oligolepis acutipennis
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/ノボリハゼ属
大きさ
分布
生息域
解説

ノボリハゼ(♀)  3.5cm  -30cm
2007/07/30  奄美大島 ハゴロモポイント2
Canon EOS KissDigitalN 60mm

河口の汽水域のポイントでスノーケリング中に見れたノボリハゼです。とにかく浅い所で見られ、頭が水面に出てしまう位の所で見れるので、結構撮影は困難です。泥底に穴を掘って住んでいます。すぐ近くでは同種のクチサケハゼという良く似た種が見られます。最初は良くわからなかったですが、明らかにクチサケは名前の通り口が裂けたように横に広がっていて、それに比べノボリは口先が短い感じななので慣れれば区別しやすいです。



2007/07/30
奄美大島

2007/07/30
奄美大島

 

inserted by FC2 system