アオイソハゼ
管理No
ac103-195
和名
アオイソハゼ
学名
Eviota prasites
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/イソハゼ属
大きさ
全長3cm
分布
徳島県牟岐以南,西太平洋。
生息域
水深約20m以浅。内湾の湾口から湾奥、サンゴ礁・岩礁域の礁斜面。サンゴの根周辺やガレ場。
解説
○胸鰭鰭条は分枝せず、鼻管は短い。体高は高い。下額から頬にかけ赤色縦線が入る。雄は第1〜4背鰭棘が糸状に伸長する。虹彩裏の白色線が途切れ、背柱上縁の白色縦列斑は胸鰭上部から7個。小赤色点は体背側に偏る。

アオイソハゼ(♀)  2.5cm  -6m
2008/08/01  石垣島 米原沖Wリーフ コーラルドロップ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国に来ると、いっぱい居るのだがあんまり撮影したことがないアオイソハゼ。ちょうど良い位置いてじっとしていてくれたので、絶好の図鑑写真が撮れました。背鰭が伸びてないので♀ですね。♂を撮ってみたいです。



2008/07/29
石垣島

2008/08/01
石垣島

2008/08/01
石垣島

2008/10/29
西表島

 

inserted by FC2 system