ウスゲショウハゼ
管理No
ac103-200
和名
ウスゲショウハゼ
学名
Oplopomus caninoides
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/ウスゲショウハゼ属
大きさ
全長6.5cm
分布
沖縄島、西表島;インド・西太平洋。
生息域
内湾の湾奥の砂泥底
解説
○第1背鰭に1黒色斑がある。尾鰭基底に大きな黒色斑があり、その上下に小黒点がある。

ウスゲショウハゼ  4cm  -5m
2008/10/30  西表島 アミトリ湾奥
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ハゼ天国の西表の泥砂のポイントで初めてウスゲショウハゼが見れました。名前の通りケショウハゼをさらに地味にしたような感じで、非常に目立たないハゼでした。周りには同属のケショウハゼもいっぱいいました。



2008/10/30
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/04
西表島

 

inserted by FC2 system