サンカクハゼ
管理No
ac103-209
和名
サンカクハゼ
学名
Fusigobius neophytus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/サンカクハゼ属
大きさ
全長5cm
分布
小笠原諸島、高知県、屋久島、琉球列島;インド・太平洋
生息域
内湾の中程から湾奥、珊瑚礁域の礁池、礁湖。珊瑚の根の周辺や砂底や砂泥底。
解説
○第1背鰭は三角形で第1鰭膜に1黒色点がある、尾鰭基底にひょうたん型の黒色斑がある、尾柄中央に横長の1暗色斑がある。

サンカクハゼ  5cm  -8m
2008/11/02  西表島 インダビシ西
Canon EOS KissDigitalN 100mm

綺麗な砂地の珊瑚の下辺りで、サンカクハゼ属のハゼが数種類見れました。これはTHEサンカクハゼで一番特徴が少なくて地味です。たぶん今までにも見たことあるとは思うんですが、地味だけに撮影しえたことがなかったようで初撮影でした。サンカクハゼ属はあんまり動き回らないし、光にも敏感でないので、見れれば撮影は楽なハゼです。



2008/11/02
西表島

 

inserted by FC2 system