トサカハゼ
管理No
ac103-216
和名
トサカハゼ
学名
Cristatogobius lophius
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/トサカハゼ属
大きさ
全長5cm
分布
屋久島、奄美大島、加計呂麻島、宮古島、石垣島、西表島;西部太平洋
生息域
河川の河口域、内湾の湾奥。泥底や軟泥底。
解説
○体は茶褐色で黒褐色横帯がある、臀鰭の内半分が赤い、胸鰭基底上部にカッコ形黒色斑がある、第2背鰭に黄色斑がない。

トサカハゼ  4cm  -5m
2009/08/03  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

昨年見た奴の倍はある巨大トサカハゼが見れました。しかも露出が高く、かなり元気に歩き回っていたので撮り放題でした。前回見たときは黒っぽかったんですが、今回のは色が薄いです。それにしても面白いお顔です。

トサカハゼ  2cm  -5m
2008/10/30  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

トサカハゼを100mmにマクロレンズ装着して撮ってみました。名前の通り見事な鶏冠が見てとれます。一見地味なようでも、こうやって拡大して見てみると結構派手に見えます。

トサカハゼ  2cm  -5m
2008/10/30  西表島 アミトリ湾奥
Canon EOS KissDigitalN 100mm

浅場の泥砂地で小さくてほぼ真っ黒の小さなハゼがいるな〜と思って寄ってみたら、何とトサカハゼでした。奄美でリクエストして見れなかった奴で、ちょっと嬉しい出会いでした。名前の通り頭に鶏冠がある、面白いお姿のハゼです。ぱっと見、真っ黒ですが寄ってみてみると色んな色が入っています。



2008/10/30
西表島

2008/10/30
西表島

2008/10/30
西表島

2008/10/30
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

 

inserted by FC2 system