トンガリハゼ属の1種-3
管理No
ac103-218
和名
トンガリハゼ属の1種-3
学名
Oplopomops sp.3
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/トンガリハゼ属
大きさ
全長6cm
分布
和歌山県、奄美大島、石垣島、西表島
生息域
内湾の中程から湾奥。泥底や砂泥底。
解説
○体高は低く背面の輪郭は直線状である、第1背鰭に黒色帯や斑がない、体背面には小黒色点が散在する。

トンガリハゼ属の1種-3(抱卵)  4cm  -4m
2013/06/19  西表島
Canon EOS 7D 100mm

トンガリハゼ属の1種-3が抱卵していたのですが、今回のは卵が発眼してました。生まれてくるのも間近で、親も卵から離れられませんね。

トンガリハゼ属の1種-3(抱卵)  4cm  -5m
2009/08/03  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

石垣で見たときは綺麗な砂地の上でしたが、西表では砂泥地で沢山見れました。しかも時期的に産卵シーズンのようで、卵を守っている奴が沢山居ました。この子も卵の上に覆い被さるようにして、卵を守っていました。

トンガリハゼ属の1種-3(yg)  2cm  -6m
2008/11/03  石垣島 浜島サンドガーデン
Canon EOS KissDigitalN 100mm

綺麗な砂地のウミヒルモが生い茂る藻場で、まだ和名の無いトンガリハゼ属の1種-3が見られました。初見のハゼでこれ1個体しか見れませんでしたが、あんまり動かずじっとしていたので、じっくりと見れました。非常に特徴も少なくて地味なハゼなのだが、とっても綺麗に見えるのは緑のウミヒルモのおかげですね。



2008/11/03
石垣島

2008/11/03
石垣島

2009/08/03
西表島

2009/08/03
西表島

2009/08/04
西表島

2009/08/04
西表島

2009/08/05
西表島

2013/06/18
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/19
西表島

2013/06/20
西表島

 

inserted by FC2 system