ダイトクベニハゼ
管理No
ac103-224
和名
ダイトクベニハゼ
学名
Trimma caudipunctatum
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/ベニハゼ属
大きさ
全長2.5cm
分布
伊豆半島、伊豆諸島、沖縄島、久米島
生息域
珊瑚礁域のドロップオフ。岸壁の岩穴や崖下の砂底の岩場の暗がり。
解説
○第一背鰭第2棘が糸状に伸長する。吻、両眼間、眼上縁が紫色。腹部を除く鱗に橙色から黄色斑がある。尾鰭に紫色斑が散在する。
○[日本のハゼ]図鑑 ベニハゼ属の1種-15 2009年和名が付きました。

ダイトクベニハゼ  2cm  -55m
2009/02/08  伊豆海洋公園 2の根
Canon EOS KissDigitalN 100mm

オニベニハゼを見に行ったのだが瞬殺で引っ込まれ他の個体が居ないかなと探していたら、ななな何と同属のまだ和名の無いベニ15に遭遇。久々に雷に打たれたごとく衝撃の走る獲物を見つけました。何気に柏島と伊豆大島の深場で2度ふられてた奴だったので、うれしさも半端じゃなかったですね。
目の周りの青と、尾鰭の模様が何とも綺麗なベニハゼですね。背鰭全開で撮りたかったですがDECOとの戦いだったので、次回にリベンジしたいです。



2009/02/08
伊豆海洋公園

2009/02/08
伊豆海洋公園

2009/02/08
伊豆海洋公園

2013/03/17
伊豆大島

2013/04/27
伊豆大島

2013/04/27
伊豆大島

 

inserted by FC2 system