アゴハゼ
管理No
ac103-225
和名
アゴハゼ
学名
Chaenogobius annularis
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/アゴハゼ属/DIV>
大きさ
全長8cm
分布
北海道の太平洋・日本海側〜屋久島、瀬戸内海、対馬;朝鮮半島
生息域
岩礁性海岸の波打ち際やタイドプール。
解説
○胸鰭と尾鰭に黒色点が横列する、尾鰭は半透明であるなどで近似のドロメと区別可能。

アゴハゼ  6cm  -30cm
2009/05/02  千葉県 明鐘岬 タイドプール
Canon EOS KissDigitalN 60mm

水面休息中にタイドプールでシュノーケリングしてたら、アゴハゼが数匹見つかりました。どこでも見れるはずなのだが、何気に初見の奴で何とか沈んで撮影しました。どこにいても、こういった特殊な環境にいる奴はなかなかお目にかかれません。



2009/05/02
明鐘岬

 

inserted by FC2 system