タスジコバンハゼ
管理No
ac103-249
和名
タスジコバンハゼ
学名
Gobiodon sp.C
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/コバンハゼ属
大きさ
全長3.5cm
分布
小笠原諸島、紀伊半島、奄美大島、沖縄諸島、西表島;西部太平洋
生息域
内湾の湾口から中程、サンゴ礁域の礁外縁、礁斜面。ミドリイシ属のテーブル状珊瑚の枝間に単独かペアで見られる。生息推進は3〜8m。
解説
○全身、黄緑色から黒褐色。頭から尾部にかけ多数の水色横線があることで、近似のフタイロサンゴハゼと区別可能。

タスジコバンハゼ  3cm  -6m
2010/08/08  高知県 柏島 後浜No2
Canon EOS KissDigitalN 100mm

珊瑚の隙間の奥にいるのはわかっているのだが、なかなか撮れないタスジコバンハゼです。似たような模様&色の近似のコバンハゼが沢山居るので、ぱっと見区別がつきません。水色の横線が特徴です。



2010/08/08
柏島

2010/11/05
柏島

 

inserted by FC2 system