スジシマイソハゼ
管理No
ac103-292
和名
スジシマイソハゼ
学名
Trimmatom pharus
分類
条鰭綱/スズキ目/ハゼ科/シマイソハゼ属
大きさ
全長2.5cm
分布
奄美大島、沖縄諸島、宮古島、石垣島、西表島;西インド洋
生息域
内湾、岩礁性海岸、サンゴ礁の礁外縁
解説
○幼魚の体は黒赤色で、体側に上端が白みがかった6灰色横帯がある。成魚は各横帯間に灰色の1横帯が入り、赤と灰色の縞模様になる。
○「日本産魚類検索・全種の同定」第3版が出版され、多くのハゼに標準和名が提唱されました。[日本のハゼ]図鑑 シマイソハゼ属の1種-1

スジシマイソハゼ  2.5cm  -8m
2014/06/22  石垣島 御神崎 灯台下
Canon EOS 7D 100mm

石垣島の浅場で色鮮やかなスジシマイソハゼに遭遇です。最近和名が付いたばっかです。南国では割と普通に見られるようなんですが、初遭遇でした。



2014/06/22
石垣島

2014/06/22
石垣島

 

inserted by FC2 system