ハタタテハゼ
管理No
ac105-002
和名
ハタタテハゼ
学名
Nemateleotris magnifica
分類
条鰭綱/スズキ目/クロユリハゼ科/ハタタテハゼ属
大きさ
全長7cm
分布
和歌山県以南,インド・西太平洋。
生息域
サンゴ礁域の砂礫が堆積した場所。
解説
○第1背鰭は第2棘が最長、第2背鰭始部を大きく超える。第1背鰭先端は鋭角に尖る。尾鰭は丸く、先端は湾入しない。

ハタタテハゼ  7cm  -20m
2010/11/05  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS 7D 100mm

背鰭が青龍刀みたいで超格好良いハタタテハゼを発見。ばっくにはガンガゼの青点も写ってて良い感じ。普通種でもこんなのに会えると嬉しいです。

ハタタテハゼ(ペア)  8cm  -10m
2006/08/04  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ハタタテハゼはペアで住み着いていることが多く、こんなシーンも良く見られます。良く見てみると片方は背鰭が千切れていますが、襲われたんでしょうか?こういう風に千切れている奴を良く見かけますが、泳ぎのバランスとか悪くならんのですかね。

ハタタテハゼ(yg)  3cm  -15m
2006/08/02  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ハタタテハゼは個体数が多く、ygもたまに見ることができるのですが、結構臆病で近づけなかったりするのですが、こいつは意外と豪胆で寄らせてくれました。チビとはいえ姿は成魚と変わらず、ピンと立った背鰭も見事ですね。

ハタタテハゼ  10cm  -10m
2006/08/01  沖縄本島 ショルダーパッド
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ハタタテハゼは暖かい所ならどこでも見られるお魚で、あまり注目されなかったりしますが、見てのとおり物凄く綺麗なお魚で、個人的に大好きなお魚でついつい撮影してしまいます。こいつはかなり大きめな個体で、第一背鰭が途中で分岐してます。大きくなると分岐するんですかね。

ハタタテハゼ(群)  8cm  -20m
2004/12/28  久米島 ガラサー山沖
Canon Power Shot S45

ハタタテハゼは熱帯に来ると超普通種で岩礁の斜面などでペアでホバリングしている所をよく見かけますが、今回はなんと群で見ることができました。写ってる奴だけで7匹、まわりにもいたので10匹上で群れていました。こんなシーンは初めて見ました。まさかムレハタタテハゼ??



2002/01/12
沖縄本島

2002/05/03
沖縄本島

2002/09/24
マブール島

2003/11/16
伊豆大島

2004/07/27
西表島

2004/12/28
久米島

2005/06/11
沖縄本島

2005/08/03
柏島

2006/08/01
沖縄本島

2006/08/01
沖縄本島

2006/08/02
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2007/10/18
柏島

2008/05/06
沖縄本島

2008/05/07
沖縄本島

2008/05/07
沖縄本島

2008/05/08
沖縄本島

2010/09/22
小笠原

2010/09/23
小笠原

2010/10/16
波佐間

2010/11/04
柏島

2010/11/05
柏島

2011/12/07
バリ島

2012/04/28
柏島

2012/09/02
柏島

2012/09/02
柏島

2012/10/13
富戸

2013/09/13
伊豆大島

2014/06/21
石垣島

2014/09/23
屋久島

 

inserted by FC2 system