ブルーバード・リボンゴビー
管理No
ac105-014
和名
ブルーバード・リボンゴビー
学名
Oxymetopon cyanoctenosum
分類
条鰭綱/スズキ目/クロユリハゼ科/タンザクハゼ属
大きさ
全長20cm
分布
西部太平洋:インドネシア,フィリピン。
生息域
内湾の軟泥底。水深20m以深。
解説
○軟泥底状のシルト層で構成されたやや深めの斜面に巣穴を掘って生息し、ペアでホバーリングする。
○タンザクハゼ属の仲間には現在、整理のついているところで本種の他に「タンザクハゼ(ロブストリボンゴビーO.compuressus)」・「タンザクハゼ属の一種(セイルフィンリボンゴビーO.typus)」の3種類があり、今後さらに多くの種に分かれていく可能性がある。
○本種の特徴は全身に鮮明な青い横縞模様が入ること、尾鰭の色が全体的に同じなこと、腹鰭の先端が糸状に長く延びることなど。

ブルーバード・リボンゴビー(yg)  7cm  -32m
2011/09/28  セブ マクタン島 りぼんちゃん
Canon EOS 7D 100mm

砂泥地を徘徊してたら、小さなりぼんちゃんが数個体集ってました。カメラを構えると何個体かはすぐ引っ込んでしまったのだが、何とか3個体だけは残ってくれました。成魚ほど柄は出てないので、ちょっと地味です。

ブルーバード・リボンゴビー  20cm  -37m
2011/09/28  セブ マクタン島 りぼんちゃん
Canon EOS 7D 100mm

7年ぶるにりぼんちゃんに会えました。相変わらずふっかふかの砂泥地に居るので、手を付いたりすると煙幕もくもくになってしまうのですが、7年前よりはスキルが上がってるはずなので撮影も楽でした。比較的透明度も良く、そこらじゅうでホバリングしているのが見えるので、引っ込まれても次の奴がいるので、気分が楽ですね。

ブルーバード・リボンゴビー  20cm  -37m
2004/05/04  セブ マクタン島 エンガニョ
Canon Power Shot S45

念願のブルーバードリボンゴビーに、-37mのどろどろの軟泥地で会えました。しかも一番出てる時で、巣穴から8匹も出てました。深い、もやもや、人いっぱいの悪条件でしたが、何とか撮影できました。暗闇で蛍光ブルーがとっても目立ちますね。



2004/05/04
セブ島 マクタン

2004/05/04
セブ島 マクタン

2011/09/28
セブ島 マクタン

2011/09/28
セブ島 マクタン

2011/09/28
セブ島 マクタン

2011/09/28
セブ島 マクタン

2011/09/28
セブ島 マクタン

 

inserted by FC2 system