トビイトギンポ
管理No
ac109-002
和名
トビイトギンポ
学名
Zoarchias glaber
分類
条鰭綱/スズキ目/ゲンゲ科/カズナギ属
大きさ
全長12cm
分布
宮城県志津川から静岡県伊豆半島下田にかけての太平洋岸;朝鮮半島
生息域
潮間帯の潮溜まりやアマモ場、ガラモ場
解説
○体は細長く、側扁しています。背鰭と臀鰭、尾鰭は連続し、腹鰭はありません。背鰭の後半部と臀鰭には三角形状の斑紋、あるいは不明瞭な暗色帯が連続しています。

トビイトギンポ  18cm  -50m
2009/02/07  葉山 柴崎 権太郎岩
Canon EOS KissDigitalN 60mm

葉山でセルフダイブ中、根のかなり上のほうの浅場で茶色くてひょろ長い奴がいました。葉山ではこの手のひょろ長いのは何度か見たことあったのですが、撮影できたのは今回が初でした。撮って地元のガイドに聞いてみましたが、よく見る奴みたいだが図鑑に載ってなくて種が不明でした。色々とWebを調べてたらトビイトギンポなるゲンゲ科のお魚でした。ちなみに、すぐ側には似たような体形で赤い同属のコモンイトギンポも居ました。



2009/02/07
葉山

 

inserted by FC2 system