オオウナギ
管理No
ac126-001
和名
オオウナギ
学名
Anguilla marmorata
分類
条鰭綱/ウナギ目/ウナギ科/ウナギ属
大きさ
全長200cm
分布
南日本;インド・太平洋の熱帯と亜熱帯域
生息域
河川や湖沼
解説
○ウナギ科の魚は下顎が上顎よりも突出するという特徴があり、これで他の科に分類されるウナギ目の魚類とほぼ区別することができる。日本ではウナギと本種の主に2種を産し、本種は体にまだら状の斑紋があること、背鰭の起部は胸鰭後端と肛門の中間点よりも前方にあることなどでウナギと区別できる。また、ウナギよりも大型になり、全長が2mを超える個体も珍しくない。

オオウナギ  50cm  -10m
2013/06/22  石垣島
Canon EOS 7D 100mm

石垣島の川でハゼを探索中に頭出しているオオウナギを発見。このままの体制で全然逃げないけど、これ以上は出てきてくれませんでした。何回か見かけたので、そこそこ数はいるみたいです。



2013/06/22
石垣島

2013/06/28
石垣島

 

inserted by FC2 system