ウチワザメ
管理No
ch010-001
和名
ウチワザメ
学名
Platyrhina sinensis
分類
軟骨魚綱/エイ目/ウチワザメ科/ウチワザメ属
大きさ
全長60cm
分布
南日本、東シナ海。
生息域
沿岸の岩礁に近い砂底。
解説
○体盤はウチワ型で、尾は比較的細い。背鰭が2基あり腹鰭よりずっと後方にあり、尾鰭は楕円型。眼の周囲、項部、肩帯部に黄白色に囲まれた大きないぼ状の棘がある。
○砂中で生活し、甲殻類、小型魚類などを食べる。胎生で、春頃に数尾の胎仔を産む。

ウチワザメ  30cm  -20m
2003/08/31  東伊豆 赤沢 ビーチ
Canon Power Shot S40

サメと名がつくが、エイの仲間である。どう見てもサメには見えないのだが、どうしてこの名が付いてしまったのでしょうね?こいつは赤沢のセルフで潜っている時に発見した奴で、見てるうちにずんずん砂に潜っていき、砂払ったら逃げられてしまいました。



2003/08/31
赤沢

 

inserted by FC2 system