ブチウミウシ
管理No
ga023-013
和名
ブチウミウシ
学名
Jorunna funebris
分類
腹足綱/裸鰓目/ドーリス科/ヨルンナ属
大きさ
分布
生息域
解説

ブチウミウシ(yg)  2mm  -2m
2006/08/01  沖縄本島 アポガマ前
Canon EOS KissDigitalN 100mm

3m以浅で90分とにかくマクロを楽しむダイビング中に見れた極小のブチウミウシです。何やら上から白いゴミが落ちてくるな〜と眺めていたら、んんん明らかに茶色の柄が有る。これはパンダツノかブチのチビに違いないと思い、手を差し延べて小指でキャッチ。潰さないようにそっと地面に置いて、100mm+マクロレンズで覗いてみたら、やはりパンダ君でした。いやいやかなり感動もんのサイズでした。ふわふわ感があり、まるでブチの子犬のようでした。これで3度目の対面ですが、毎回サイズがだいぶ異なり、その都度喜んで撮影してますね。

ブチウミウシ  15mm  -10m
2004/07/28  西表島 ケロッパU
Canon Power Shot S45

西表の入り組んだ地形のポイントで、洞窟のような所を突き進み、何度かガイドにはぐれそうになっていたところ、しきりに手招きしてガイドが待っていてくれました。近づいて見ると、何とも小さなブチウミウシではないですが。八丈以来の2度目の対面で、サイズも前のよりかなり小さく、とっても可愛い奴でした。マクロレンズを駆使して何枚も撮影し、まるでムーミン顔のような感じで撮影できました。激お気に入りな一枚です。

ブチウミウシ  50mm  -15m
2003/10/12  八丈島 乙千代ヶ浜
Canon Power Shot S40

八丈島の乙千代ヶ浜でセルフで潜ってて、自由行動中に見慣れぬウミウシを発見。ふわふわ感のある真っ白な体に、円形に茶色のブチ模様が入っています。何だかもわからず撮影し、友達のDMに何やら白くてカビの生えたようなウミウシと言ったら怒られました。どうやらとっても見たかったウミウシらしく、何で教えてくれない&カビとは何事か!状態でした。というわけで、それ以降はカビじゃなくてパンダ柄のウミウシと言うようにしました。当時はまだ和名がついてないようで、ヨルンナ。フネブリスと言われてました。



2003/10/12
八丈島

2004/07/28
西表島

2006/08/01
沖縄本島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2009/03/20
八丈島

2011/12/06
バリ島

2014/06/23
石垣島

 

inserted by FC2 system