マツカサウミウシ
管理No
ga029-003
和名
マツカサウミウシ
学名
Doto japonica
分類
腹足綱/裸鰓目/マツカサウミウシ科/マツカサウミウシ属
大きさ
分布
生息域
解説

マツカサウミウシ  10mm  -8m
2010/05/05  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

浅場でバディが見つけてくれたマツカサウミウシです。今までにも何回か見たことあったのですが、一番大きくて、マツカサっぽい形でした。壁には数個体いたので、普通種みたいです。

マツカサウミウシ(産卵)  4mm  -5m
2010/05/05  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

浅場でバディが見つけてくれたマツカサウミウシです。3個体見られ、うち一匹は産卵していました。橙色のふわふわしたのが、卵塊です。それにしても小さくて撮影しにくい被写体です。

マツカサウミウシ  4mm  -2m
2008/04/20  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS KissDigitalN 60mm

EXIT間際の超浅場で見つかった奴で、うねり&浮き浮きの中で見れたので、撮影は困難を極めました。ただでさえ小さいのに、うねりの中ファインダーを覗きこんでると気分悪くなってきて、何とか1枚だけ撮影できました。背中に白いブドウをいっぱい背負っているみたいです。

マツカサウミウシ  4mm  -5m
2006/01/28  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS KissDigitalN 60mm

先端の深場でハナダイを見てきた帰り道、浅場で発見できた小さなマツカサウミウシです。4mmくらいの極小で、肉眼ではなんだかわからないのですが、ファインダー越しに覗くと確かに白いウミウシでした。背中に小さな粒々を沢山背負っていて、触角も長くて特徴的です。初めて見る奴でしたが、小さくて目に入らないだけで、探せば沢山いるのかも。たぶんマツカサウミウシだと思われますが、確信が持てません。



2006/01/28
大瀬崎

2008/04/20
大瀬崎

2009/01/25
明金岬

2010/05/05
伊豆大島

2014/05/03
柏島

 

inserted by FC2 system