スミゾメミノウミウシ
管理No
ga036-004
和名
スミゾメミノウミウシ
学名
Protaeolidiella atra
分類
腹足綱/裸鰓目/オオミノウミウシ科/スミゾメミノウミウシ属
大きさ
分布
生息域
解説

スミゾメミノウミウシ  40mm  -20m
2011/03/06  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

先端を探索中に超巨大なスミゾメウミウシを発見。今まで見た中で最大サイズで、しかも斜面の砂地を歩いているという珍しい状況でした。なんか歩いてる姿がとても堂々としてます。

スミゾメミノウミウシ(yg)  10mm  -10m
2008/05/09  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

小さなウミヒドラに小さなスミゾメが付いていました。バックも良い感じに撮れました。それにしても、伊豆なんかでは良く見かけますが、沖縄にもいるんですね。

スミゾメミノウミウシ  30mm  -8m
2007/02/17  西伊豆 大瀬崎 柵下
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ウミヒドラにくっ付いているのは良く見かけるのですが、それ以外の場所で見たのは初めてです。よーく右下を見ると、アカボシウミウシとくっ付いています。ひょっとしてアカボシに食われている瞬間なんでしょうかね?それとも、ただ単に互いに通行中に重なっただけなんでしょうかね?謎の一枚です。

スミゾメミノウミウシ  40mm  -8m
2007/02/12  葉山 芝崎 権太郎岩
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆近辺ではかなり普通に見られるウミウシで、よくウミヒドラにくっ付いているので、いればすぐに見つかります。細長い体型で黒紫色の体から沢山の突起が出ています。突起で触角が目立たないのですが、今回は良い角度で撮れたので、触手と触角が良く見えます。定番だけど、ついつい撮影してしまう被写体です。

スミゾメミノウミウシ(yg)  20mm  -15m
2006/04/29  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆では普通に見られるウミウシで温帯種だと思っていたら、沖縄でも見られ、実は熱帯種なんですね。大きくなると突起が細長くなりますが、このくらいのサイズだと太く短いですね。伊豆と同じような環境で見れました。

スミゾメミノウミウシ(+卵)  30mm  -15m
2006/01/26  葉山 芝崎 鮫島
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆では定番のウミウシで葉山でも沢山見れました。また卵がくっついている所も見られ、桃〜紫色のひらひらした卵が回りにいっぱい産み付けられていました。まるで花が咲いたようで、なかなか綺麗な光景ですね。



2002/09/14
伊豆大島

2003/11/16
伊豆大島

2005/02/06
伊豆大島

2005/09/18
川奈

2005/10/16
大瀬崎

2005/12/27
大瀬崎

2006/01/26
葉山

2006/03/18
大瀬崎

2006/04/29
沖縄本島

2006/08/19
川奈

2006/09/02
伊豆大島

2007/02/12
葉山

2007/02/17
大瀬崎

2007/06/24
川奈

2007/12/28
大瀬崎

2008/03/29
八丈島

2008/05/09
沖縄本島

2008/05/09
沖縄本島

2008/12/12
伊豆大島

2009/02/07
葉山

2009/03/07
伊豆大島

2009/04/18
大瀬崎

2009/05/03
大瀬崎

2010/07/25
大瀬崎

2011/03/06
大瀬崎

2011/03/06
大瀬崎

 

inserted by FC2 system