チゴミノウミウシ
管理No
ga037-005
和名
チゴミノウミウシ
学名
Favorinus japonicus
分類
腹足綱/裸鰓目/アオミノウミウシ科/トモエミノウミウシ属
大きさ
分布
生息域
解説

チゴミノウミウシ  8mm  -8m
2009/06/20  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

湾内の浅場にウミウシの卵があちこちに産み付けられてて、ちょっとぼろぼろの奴をチェックしてみると、チゴミノウミウシが何個体か確認できました。かなり小さいのが多いのですが、こいつは大きめで色も濃くて綺麗でした。

チゴミノウミウシ  5mm,3mm  -8m
2005/08/02  高知県 柏島 後浜No2.5
Canon Power Shot S45

マクロ生物の宝庫の柏島で、浅場の生物を探索中に白くて綺麗なウミウシの卵が落ちてました。何やら側にピンク色の小さな物が蠢いていたので、じっくり見てみると、ピンクのチゴミノが卵をお食事しているようでした。さらによーく見てみると、側にはもう1固体白っぽい奴もいましら。
卵を食べるエッグイーターとしても有名で、食べた卵の色によって色が変わります。ってことは、小さい白っぽい奴のほうが、この白い卵を沢山食べて白くなったってことですかね?ピンクのほうは別の奴を食べてこの色になったのかな?



2005/08/02
柏島

2005/08/02
柏島

2007/02/17
大瀬崎

2009/06/20
大瀬崎

2009/06/20
大瀬崎

2009/06/20
大瀬崎

2009/06/21
大瀬崎

2009/06/21
大瀬崎

2012/05/01
柏島

 

inserted by FC2 system