ハクセンアカホシカクレエビ
管理No
ma005-018
和名
ハクセンアカホシカクレエビ
学名
Periclimenes kobayashii
分類
軟甲綱/十脚目/テナガエビ科/ホンカクレエビ属
大きさ
分布
生息域
解説

ハクセンアカホシカクレエビ(♀抱卵&クリーニング)  3cm  -25m
2011/10/10  西伊豆 獅子浜 ビーチ
Canon EOS 7D 100mm

獅子浜ビーチはハクセンアカホシカクレエビがやったら沢山見られます。今回もスナイソギンチャクに沢山付いていたのだが、側にキタマクラが居てクリーニングされてました。しかもクリーニングしてる個体はお腹に卵持ってるじゃないですか。妊婦さんでも働き者ですね。

ハクセンアカホシカクレエビ(yg)  0.8cm  -30m
2011/09/19  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

先端には沢山のハクセンアカホシカクレエビが見られるのだが、こんな小さな個体は初めて見ました。少し前に抱卵してた♀を良く見かけたので、産まれ立ての個体なんでしょうね。

ハクセンアカホシカクレエビ(♂)  2cm  -35m
2011/07/18  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

体に白線が入るのが特徴のハクセンアカホシカクレエビです。いつも腰振って落ち着きの無い奴です。このエビに限らず、ホンカクレエビ属のエビは♀のほうが大きくて、♂は小さくてちょっと地味です。

ハクセンアカホシカクレエビ(♀抱卵)  2.5cm  -35m
2011/07/18  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

大瀬の先端ではハクセンアカホシカクレエビは定番で30m前後まで降りると、スナイソギンチャクにかなりの高確率で付いているのが見られます。今回は抱卵中の個体が見られました。お腹の辺りを拡大してみると、卵が発眼してるのもわかります。



2003/08/30
赤沢

2004/06/06
大瀬崎

2004/06/27
大瀬崎

2005/10/16
大瀬崎

2005/08/29
伊豆海洋公園

2006/06/21
伊豆海洋公園

2006/07/16
大瀬崎

2006/07/16
大瀬崎

2006/09/09
伊豆海洋公園

2007/06/30
柏島

2010/02/21
八幡野

2010/02/21
八幡野

2010/05/29
大瀬崎

2010/06/26
大瀬崎

2010/10/11
大瀬崎

2011/02/13
須江

2011/02/27
大瀬崎

2011/02/27
大瀬崎

2011/06/04
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/18
大瀬崎

2011/07/24
獅子浜

2011/07/31
大瀬崎

2011/07/31
大瀬崎

2011/08/28
大瀬崎

2011/10/09
大瀬崎

2011/09/11
大瀬崎

2011/09/19
大瀬崎

2011/09/19
大瀬崎

2011/10/09
大瀬崎

2011/10/10
獅子浜

2011/11/20
大瀬崎

2012/11/03
伊豆大島

2012/11/03
伊豆大島

2013/01/14
大瀬崎

2013/05/03
八幡野

 

inserted by FC2 system