ハクセンエビ
管理No
ma008-002
和名
ハクセンエビ
学名
Plesionika ortmanni
分類
軟甲綱/十脚目/タラバエビ科/ジンケンエビ属
大きさ
分布
生息域
解説

ハクセンエビ(yg)  1.5cm  -55m
2008/09/14  東伊豆 伊豆海洋公園 3の根
Canon EOS KissDigitalN 100mm

超深場のスナイソギンチャクに同属のエリマキエビ成体1匹に、ハクセンエビの子供が5匹ぐらいが同居していました。どこにもハクセンの成体は見られず、ちょっと不思議な組み合わせでした。最初、子供は4個体ぐらいが集まっていたのですが、光を当てて寄ったら、ぱっと散ってしまいました。並べてみると良くわかるんですが、かなり小さい個体でした。

ハクセンエビ(+エリマキエビ)  3cm  -45m
2008/09/14  東伊豆 伊豆海洋公園 3の根
Canon EOS KissDigitalN 100mm

深場のスナイソギンチャクに同属のハクセンエビとエリマキエビが同居していました。両方とも深場で見られるエビで、単体でもなかなかお目にかかれない奴なんですが、並んでいるところが見られお得な感じ。名前の通り体に白線が入っている手前がハクセンエビで、真っ赤なエリマキしてる奥がエリマキエビです。

ハクセンエビ  4cm  -20m
2007/10/13  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 100mm

内湾の深場の砂泥底に生息し、スナイソギンチャクと共生するハクセンエビです。普段はかなり深いところに生息していて、たまに30m前後まで上がってくるのですが、今回は20mというお手ごろな水深で見れたのでじっくり撮影できました。名前の由来の体の白いラインがくっきりしていて、とても綺麗なエビです。



2007/10/13
大瀬崎

2007/10/13
大瀬崎

2008/09/14
伊豆海洋公園

2008/09/14
伊豆海洋公園

2008/09/14
伊豆海洋公園

2008/09/14
伊豆海洋公園

2008/09/14
伊豆海洋公園

2008/09/14
伊豆海洋公園

2011/10/30
獅子浜

2011/11/05
獅子浜

 

inserted by FC2 system