Gallery15-04
DiveNo. 1647〜1651
日付 2015/02/27〜28
潜水地 八丈島 神湊、旧八重根港、乙千代ヶ浜 タイドプール
感想 最近は月一で潜り言ってる感じです。2、3月は珍しく嫁の3連休があったので、八丈島なんぞに行ってました。 1回目は低気圧で大荒れで八重根中心にウミウシ探索、2回目は絶好の海日和でひたすらナズマドの深場探索でした。 ウミウシの方は今年は不作なのか、時期が早いのか少なめでしたが、貝背負った奴らがたくさんみられました。ウミコチョウが見たかったんだけど、まだ早かったみたい。 深場の探索は1.アカイサキ、2.リュウセイ、3.マダラなんぞを探索しに行って、1は毎回見れたけど諸事情によりあまり寄れず、2は見つからず、3は居たけどドン深ダウンカレントでもうちょいのとこで断念でした。とにかく流れが強くて、横に下に流れまくりで15m30分ストップで、ドリフト減圧なんて感じでした。 しかも初日に7D水没で、ミラーレス一眼借りて潜ってたんだが、慣れぬズームレンズで、へぼ写真連発でした。 深場の獲物たちにはリベンジを誓ったのであった。
撮逃した魚 特に無し
[ スライドショーを見る ] 

まずは定番ヘビギンポ

歩いてたハツユキダカラ

こっちも歩いてたメダカラ

婚姻色に染まってたキタマクラ

EXIT間際のクモハゼ

毛むくじゃらオランウータンクラブ

色が綺麗な?テッポウエビ

前から撮ってみた?テッポウエビ

チビが並んでたクロヘリアメフラシ

うねりに耐えるニセボロカサゴ

激浅で見られたアサヒハナゴイ(yg)

まだ小さ目のテヌウウミウシ

カマスベラ(yg)とニジギンポ

八丈の定番コンガスリウミウシ

ゆらゆら揺れてたツマジロオコゼ

バディが見つけたコンシボリガイ

つぶらな瞳のコンシボリガイ

沢山いるミスジアオイロウミウシ

似ているコールマンウミウシ

頭出してるコケギンポ属の1種

全身出てたコケギンポ属の1種

何か食べてたモンジャウミウシ(yg)

擬態上手なワライヤドリエビ

アップはこんな感じのワライヤドリエビ

群れてたタイワンカマス

まだ小さ目のコガネキュウセン(yg)

獲物追っかけるツキベラ(♂)

中くらいのノドグロベラ(♀)

地味なヘビギンポ属の1種

名前の通りの姿のコンペイトウウミウシ

小さ目のパイナップルウミウシ

上品な色のゾウゲイロウミウシ

豚鼻のババイボウミウシ

泳いでたヒオドシユビウミウシ

ヒオドシユビウミウシを接写するガイド

怪獣みたいなヒオドシユビウミウシ

まだ小さいシロボシスズメダイ(yg)

久々に見れたセトイロウミウシ

クリーニングされてたゴマチョウチョウウオ

大きくなると地味な?スズメダイ

見事に擬態するカクレモエビ属の1種

チビのモンジャウミウシ(yg)

2mmぐらいの?ガイ

ちょっと目が怖いクロスジアメフラシ

巨大なカラスキセワタ

丸っこいタカノハダイ(yg)

沢山いるベニシボリ

お目目が可愛いベニシボリ

黒タイプのアカボシツバメガイ

茶タイプのアカボシツバメガイ

激チビのベニシボリ(yg)

沢山いるクロヤハズハゼ

まだ小さいクロヤハズハゼ(yg)?

うねうね?ガイ

ゆっくり歩くツツイシミノウミウシ

中くらいのミスガイ

小さ目のカラスキセワタ

産卵してたカラスキセワタ

これまた小さいベニシボリ(yg)

斑紋の乱れたベニシボリ(yg)

沢山いるミヤケヘビギンポ

沢山群れている?

歩くの速いヒメアワビ?

初めて見たナツメガイ

浮いてたフウセンウミウシ

確かにアメフラシなフウセンウミウシ

小さな?ヒラムシ

外套膜は地味なハナビラダカラ

沢山いるヘビギンポ

群れてたニシキツバメガイ
 
[ Prev ]      [ Next ]

 

 

inserted by FC2 system