Gallery15-11
DiveNo. 1680〜1682
日付 2015/09/12
潜水地 高知県 柏島
感想 3日目は結構大人数でしたが、2手に分かれて私は深場チームで下の方まで降りてみました。一番深い所ではリクエストのホカケトラギスspにようやく会えたのですが、待っても全然鰭開いてくれず、なんとも地味なお姿。かなり粘ったけどタイムアップでした。また、もう一つのリクエストだったスミツキオグロベラの♂にもようやく遭遇。見た時は白っぽかったのですが、追っかけているうちに普通の色に戻りました。この深度で泳ぎまくられると撮るのも大変ですが、何とか撮影成功です。
甲殻類も充実してました。まずは定番のキンチャクガニなんですが、赤い卵を抱えた個体が見つかり撮影してたら、人が集まってきたので一旦譲って、そばでウミウシ撮影。暫くして戻ってみると、キンチャクガニの姿は無く、片方のイソギンチャクと千切れた手が転がってた。なんでも、ベラかなんかがぱくっと食べて、イソギンチャクだけプッと吐き出したそうです。切ない・・・。その後も、数個体のキンチャクガニが見られ、卵抱えてる個体もまた見つかりました。キンチャクに卵2つ乗せて差し出して、「これで見逃してくれよ」って言っているようで可愛かったです。
ヒメキンチャクガニも抱卵個体が見られました。こちらは橙色では無く、緑色の卵でした。どちらも体の色に近い卵の色で楽しいですね。
浅場ではヒメオニオコゼの幼魚と思われる個体も見られたんですが、これが前から見ると超地味なんですが、後ろからの鰭全開は凄い!鰭がオレンジで、ハートマーク入ってるじゃん。なかなか良いもの見れた1日でした。
撮逃した魚 ヤクシマキツネウオ、クロエリカノコハゼ、チャイロヤッコ(yg)
[ スライドショーを見る ] 

ロープについてたツバメウオ

真っ黒のハナヒゲウツボ(yg)

いっぱい出てたニシキアナゴ

寄ると引っ込むニシキアナゴ

大きなクロアナゴ

クロアナゴとクリアクリーナーシュリンプ

ベラギンポ属の1種

ひょろながハシナガウバウオ(yg)

激チビのハシナガウバウオ(yg)

小さいと可愛いヤクシマダカラ

めっちゃ動きが早いオガサワラヒメホンヤドカリ

卵守ってるキンチャクガニ

鋏だけになってたキンチャクガニ

2mmくらいのアオウミウシ(yg)

まだ小さ目のアミメハギ

中くらいテングハギ(yg)

浅場のセナスジベラ

若いカンパチ

超深場に居た?テグリ

背鰭立ててくれなかったホカケトラギスsp

半身でてたナノハナフブキハゼ

まだ小さかったタテジマヘビギンポ

貝は真っ白なウミウサギ

巨大なニシマトハナガサウミウシ

超久々に見れたケラマミノウミウシ

鼻が青いヌノサラシ(yg)

数匹群れてたナガブダイ(yg)

10円玉サイズのマツカサウオ(yg)

寄ると綺麗な?イソハゼ

緑の卵守っているヒメキンチャクガニ

逃げるヒメキンチャクガニ

戯れるウミスズメ

水面下のニジギンポ

めっちゃ寄れるアケボノハゼ

白くなってたスミツキオグロベラ

ちょい鰭広げたスミツキオグロベラ

大口スジハナダイ

まだ小さいクレナイイトヒキベラ(yg)

超チビのシロタスキベラ(yg)

寄れるシロタスキベラ(yg)

前からは地味なヒメオニオコゼ(yg)

鰭が凄いヒメオニオコゼ(yg)

鰭にハートがあるヒメオニオコゼ(yg)

走るキンチャクガニ

卵差し出すキンチャクガニ
 
[ Prev ]      [ Next ]

 

 

inserted by FC2 system